FC2ブログ

100km歩け大会in佐木島 NO,2 

皆さま今晩は


モーリですё

更新がストップしておりました・・・。
すいません・・・。

ではでは


2週目のスタートです!!


前回のあらすじ
100km歩け大会スタートして、モーリ(私)がぶっちぎりで一位を独歩。
その後ろにT君(社長の息子さん)私と大分距離が離れている。
T君から電話で「スピードを上げて追いつく」と連絡がある。
T君に少しスピードを落とすと伝える。   的な感じです



T君が追いかけて来てくれるという希望を胸に歩いていると



後ろから車に乗った社長が登場



社長「モーリ、ペース遅いよ~!」


もーり「えっ!本当ですか!?」


社長「うん。それじゃがんばって~!」



なんと・・・遅い・・・とは・・。




T君・・・。



ごめん ペース上げるわ



と心の中で思い、ペースを少し上げて歩くこと30分



T君「モーリさ~ん!!」




!?


後ろを見るとT君が走ってきている!!!



私に追いついたT君。


ぜえぜえ呼吸している。


聞いた話によると、電話を切ってからずっと走ってきたとのこと。


なんというガッツ。そして若さよ。


と思いつつも、人と話をするのは楽しいな~と思いながら、
T君とアニメや漫画の話で盛り上がり、歩いていました。


そして順調に2回目のチェックポイントをくぐり、3週目、4週目と歩いて行く。


途中すれ違う佐木島の方たちに挨拶すると


佐木島の方「ああ、100km歩くの今日ね、チラシ見たよ~
      大変じゃね~、頑張りんさいね~」


佐木島の方「今日一晩中歩くんじゃろ?家の明かりはつけとくけんね!!」 


もーり・T君「ありがとうございます!がんばります!」


あ~~~~なんて優しいんだ・・・。



そう感じながら歩いていると、T君に異変が・・・・。


                                       to be continued

100km歩け大会in佐木島 NO,3 

皆さまこんばんは


モーリですё


では100km歩け大会の模様を引き続き書いていきます。


前回のあらすじ

下の100km歩け大会in佐木島 NO,2 を呼んでください。



そうなんです。
T君に異変が起きたのです。


T君「もーりさん・・・次の自動販売機の所で休憩してもいいですか?」



!?


そういえば


大会開始が朝で・・・。お昼ごはん食べて休憩して、今現在15:30・・。



一度も休憩を入れていなかった・・。
しかも大分早いペース・・・。


T君の足が悲鳴をあげてしまったのです。


モーリ「ごめん!!全然休んでなかったね!!休憩しよう!」


その自動販売機で飲み物を買って休憩を・・。


いかんいかん、自分の事しか考えていなかった。

成長しないな~


T君「もーりさん・・・。次のチェックポイントで俺休憩していくので
   すいませんが、先に歩いてもらっていいですか?」


と言う事になりまして・・・


モーリ「そうよね、ごめんね!俺のペースに無理やり合わせさせて・・・。」


次のチェックポイントにてT君とは、わかれました。


T君ありがとう!!そしてすまなかった!!!

そして独りでの5週目がスタートしたのでした・・。


そしてもくもくと歩き5週目のチェックポイントにて


スタッフの皆様が豚汁を作ってくれていました!!!


も~~~~~~~~うま味が五臓六腑に染みわたりまくりました。

スタッフ「良い調子よ!!がんばって!!!豚汁もおかわりいっぱいあるよ
     デザートにチョコレートとかあるよ!!しっかり食べんちゃいね!」


あ~~~~、元気を頂いているな~

こうやってささえてくださっているという事を
普段の生活の中で感じる事ってあんまりないよな~・・。


100km歩くという非日常空間に参加する事によって
支えてもらえて過ごせているという事をあらためて実感する。


ありがたいな~。


お腹と胸がいっぱいになった所で6週目のスタートです。


この辺まで歩くと(55km)足の至る個所に痛みが発生しています。

しかしなんのなんの


この先に待っている痛みに比べればと思うとなんてことないのです。


そして6週目、7週目と歩いて気付けばもう夜中の12時・・・
頃だったと思います。←時間あいまいです。


そして8週目がスタートしてちょっとしたところで
足が爆発しました!!!!




 to be continued





100km歩け大会in佐木島 NO,4 

皆さま今晩は


モーリですё


バタバタしていてブログの更新がなかなか出来ずにいました・・・。
↑っていうのは言い訳ですよね~・・・。


更新がんばるぞ!!皆さまも頑張ってみてください!!



さて・・・


8週目をスタートした直後に足の痛みが変わってきて、うまく歩けなくなってきました。
そして、歩く速さも大幅におちて、亀並の早さに・・・。


うう・・・。


そして雨もふってきて靴の中がべちゃべちゃに。

ああ~~・・・。

これは足の裏の皮がずるずるになりそうな予感・・。


ここからはもう本当に地獄でした。

脚は痛い、寒い、濡れる、そして今回初めての苦痛。それは



眠気



愛知県の100km歩け大会はメイン道路沿いを歩くので深夜でも車がびゅんびゅんでした。


今回、佐木島は昼間でさえ車がぜんぜん走っていなかったので、深夜になってからは
もう皆無といっていいくらい車が通りません。


そのせいか、気が緩んでしまったのか


寝ながら歩いていました・・。


これがなんとも辛い。

眠い → 歩きながら寝る →  足の痛みで起きる → 歩く ↓
 ↑   ←   ←   ←   ←  ←    ←   ←


その時、島の住民の方々(夫婦)が車で近づいてきて、


住民の方「お疲れ様、あったかいココアと甘いものあるよ!たべなさい。
     つらいと思うけどがんばりんさいね!!」



もう仏様かと思いました。


その後、元気を少し取り戻しまた歩き続けました。


そして


数分後にはまた寝ながら歩いていました。







8週目を終えたのが4時くらいだったと思う。
もうどうにもならないくらい眠く、スタッフの方の車の中で
暖房ガンガンかけてもらい


仮眠をとりました。


もう天国。


絶対に車の外に出たくない。


ていうかあと1周じゃけど、正直もうリタイアしたい。


その時に7週目を歩き終えたKさんが車の中に入ってこられました。


 to be continued

100km歩け大会in佐木島 NO,5 

みなさま


あけましておめでとうございます。


今年も「モーリの日々活動日誌」を宜しくお願い致します。


さて


100km歩け大会の報告もいよいよラストです!


車の中で仮眠を取っていると7週目を歩き終えた
Kさんも車の中に入ってこられました。


Kさんも大分疲労がたまっているみたいでした・・。


そんな中・・・・Kさんと会話をしました。


しかし



内容は覚えていません。笑
疲れていましたから~・・

そしてKさんは車を降りて、8週目をあるきだしました。

私も・・・と思いながらも足が動かず、30分くらい休んでいたと思います。


そしてなんとか重い腰をおこして最後の9週目にスタートしました。

9週目を歩きだして最初の方はまた寝ながら歩いていました。
しかし、次第にまわりが明るくなって来て、眠気もピークを越えたせいか、
寝ずに歩けるようになりました。

しかし昨晩からの雨はやむ事は無く、その中で亀並の早さで歩いていました。
その時、昨日夜ココアをくださった島の住民の方(夫婦)と会いました。
あれから島をパトロールしてくれていたみたいです。


住民の方「お疲れ様~!あったかいもの飲む!?甘いもの食べる!?」
と言って下さったのですが。。。

もう何も喉をとおりそうになく、
もーり「大丈夫です。ありがとうございます。」

そしてありがとうございます。の握手をして、再出発しようと思ったのですが、


住民の方(奥様)「うわ~~!!凄い手が冷たい!!」と言って

手を両手でぎゅ~~と握ってくれました。

はい、泣きそうになりました。


凄くパワーをもらいました。

その後・・。モーリは100kmを歩く事が出来ました。
前回の100kmでは自分は100km歩けるんだ!!!やればできるんだ!!という自信を得ました。


しかし、今回は

まわりの人々がサポートしてくれているから歩く事が出来る。自分は一人では何も出来ないんだな~
と言う事を感じました。


100km歩く大会を開いてもらえなかったら、そもそも歩けませんし・・


大会を運営して下さった方々

会場を提供して下さった島の皆様


一緒に100kmという途方もない目標にむかって歩いて下さった
参加者の皆様


全ての人に感謝です。



fin







そしてKさんも無事完歩したのでした めでたしめでたし

2014 最後の更新 

皆様こんばんは


モーリですЁ


ご無沙汰しておりました・・・。


色々ありすぎてちょっとどうにもこうにも
更新できない状態でした・・・。


色々な方々にご迷惑をおかけしました、

2015年はそのようなことが無いように
しっかりせねば!!!!!!!!


皆様がんばります!!


そして!!

更新が止まっていた「さぎ100km」の写真を添付します!!

s-DSCF3884.jpg

↑島上陸後ラジオ体操

s-DSCF3890.jpg

↑チェックポイント


s-DSCF3965_201412271838187ba.jpg

↑さぎ島の方が自分の家の前に休憩・お茶のみ場所をつくってくださっていました

s-DSCF3956.jpg


↑さぎ島の方が自分の家の前に休憩・お茶のみ場所をつくってくださっていました

s-DSCF3958.jpg


↑さぎ島の方が自分の家の前に休憩・お茶のみ場所をつくってくださっていました


s-DSCF4013.jpg


チャレンジャーの完歩の瞬間

s-DSCF4034.jpg

閉会式



今回チャレンジャーのサポートをするスタッフとして参加しました。
感じたことは


自分にゆとりがなさすぎる。

さぎ島の方たちのように、自分の事だけでなく他人を思えれるようになりたい。
と感じました。


あと。


写真の撮り方が自他共に認めるほどに、下手くそという事。


自分の撮った写真を色々見直してみて、
何がとりたかったのだろう・・
と思う写真ばっかりで、びっくりしました!!


という事を発見できたことに感謝です。

さぎ島の皆様 さぎ100の役員の皆様  さぎ100のスタッフの皆様 さぎ100のチャレンジャーの皆様 関係者の皆様

ありがとうございました。